【コレ大丈夫?】iPhoneの欠点をディスりまくる「Samsung Galaxy」のネガキャンCMがヤバすぎるwwwwwwwww

2007年に初代モデルが登場してから約10年が経過した「iPhone」。先日、同シリーズ初の有機ELディスプレイや顔認証機能を搭載したiPhone Xが発売された。

そんななか、「iPhone」最大のライバル機種「Galaxy」で知られるSamsung(サムスン)が、歴代「iPhone」の欠点を挙げまくる動画を発表。公開からたった数日間で1400万回を超える驚きの再生回数を記録するほど話題になっている。

まずは動画をどうぞ↓↓↓

さらっとしていてあまり分からなかった人もいるかもしれない。

以下詳細に解説していこう。

iPhoneユーザーがGalaxyに変えるまでのストーリー

Samsung Mobile USAが公開した動画「Samsung Galaxy: Growing Up」は、初代からのiPhoneユーザーがGalaxyに変えるまでの様子を描いたストーリーである。タイトルにGrowing Up(成長する)という言葉を使うあたりが皮肉たっぷり。

そして動画の冒頭ではさっそく、2007年6月29日、Apple Store前にiPhoneを求める人で長蛇の列ができたことを風刺する場面が!

11

主人公の男性も行列に並んで初代iPhoneを購入。その後も最新のiPhoneを使い続ける様子が展開されていく。

しかし、男性はiPhoneに不便さを感じることもしばしば。

ストレージ容量の少なさや・・・

11

ディスプレイの狭さ

11

最新機種の入手が困難な点、

11

さらに防水対応ではないことや

11

イヤホンジャック廃止……など、

11

動画内でサムスンはiPhoneの欠点をディスり続ける

CMだから当然の流れではあるが、男性は最終的にガールフレンドが愛用するGalaxyのペン入力機能や高い防水性、ワイヤレス充電などに惹かれてゆく。そして2017年、男性はついにGalaxyの購入を決意

ラストは、かつては自分も並んだApple Store前の行列を一瞥し颯爽と通り過ぎていく男性の姿でフェイドアウト。

11

実はここ、極めつけのディスりが込められているの気づいただろうか?

行列に並ぶ男性の髪型に注目!

11

11

copy-of-copy-of-t-mo-1

iPhoneに全てをささげた男性信者が、なんとiPhone Xのディスプレイを髪型で模倣しているぞ!!

これはひどいwwwwwwこんな奴おらんやろwwwwwww

スマホ選びは慎重に

仕様は異なるものの、確かに「iPhone X」で新たに搭載された有機ELディスプレイやワイヤレス充電機能は、今年6月発売のGalaxy S8に実装済だ。そう考えると、Appleよりもサムスンが先を行っていると言えなくもない。

しかし2016年に一部地域で発売された「Galaxy Note7」では、発火や爆発の報告が相次ぎ、リコールを実施したことも事実。スマホはCMの内容だけで判断せず、ユーザーレビューを確認したり、詳しい店員に話を聞くなどして慎重に選ぶ必要がありそうだ。


トップへ戻る