【数学的頭脳】貴方はわかる?「67×63」を一瞬で解けるようになる方法を徹底解説!

突然ですが、問題です。

67×63はいくつ?制限時間は5秒です。

qk_math-1
どうですか、5秒で解けましたか?

解けなかったアナタは、

この下をじっくり読んでみてください。

まずは一般的な解き方。

小学校で習う筆算ですね。↓↓↓

qk_math-2
小学校で習うこの筆算は、

67×63を、

(67×3)+(67×60)

として計算しています。

この方法では、

5秒で解くのは厳しいですよね。

そこで「ヴェーダ数学」の登場です。

list_s

マジかよ?!自販機に隠された驚愕の秘密はこちら↑↑↑

ヴェーダ数学とは、

古代インドの聖典『ヴェーダ』によって

伝えられたとされる計算法。

それを使って67×63を

計算すると・・・↓↓↓

qk_math-3

答えの一の位と十の位は、計算式の一の位同士の掛け算。
答えの百の位から上は、計算式の十の位に1を足した数に元の数字を掛ける。
つまり、この式では(6+1)×6=42の右に7×3=21を書けば終了です。瞬殺!

ここまで読んで、察しの良い方は

分かったかもしれませんが、

実はこの方法で解くには

次のような条件があります。

2つの数の、十の位が同じであること。
2つの数の、一の位を足すと10になること。
つまり、「38×32」とか、「79×71」とか「94×96」とかであれば使える、ということです。

んっ???

atamanowaruihito-486x290

という人のために

この仕組みを高校数学で

ガチ解説するので

分かる人は解読してみて下さいね♪

以下↓↓↓↓↓↓

67×63=?

(1) 67=60+7 → 6=a、7=bとすると 10a+bとなる。

(2) 63=60+3 → 6=a、3=cとすると 10a+cとなる。

qk_math-4

(3) 67×63 → (10a+b)×(10a+c)と書ける。

(4) (10a+b)×(10a+c) = 100a^2+10ac+10ab+bc

(5) (4) = 100a^2+10a(b+c)+bc

※計算の条件は“一の位を足すと
10になること”とありました。
つまり、この計算では
b+c=10 となります。

(6) (5) = 100a^2+10a×10+bc

(7) (6) = 100a^2+100a+bc

(8) (7) = 100a(a+1)+bc

※”^2”は、2乗という意味。

※“(6+1)×6=42の右に
7×3=21を書けば完了”でした。
これを、きちんと書くと、
(6+1)×6×100+7×3です。

さあ、理解できた天才な人は

下の問題をやってみましょう!

qk_math-6


トップへ戻る