【涙腺崩壊】白血病の父のドナーとなるために8歳の息子がとった行動に中国全土が涙

中国人のライさんは急性混合型白血病という病に見舞われ、

化学療法による治療を余儀なくされていました。

6e6a55cc090be22519b401f38689df2e


しかし白血病は化学療法で完治させるのが難しく

ライさんは「骨髄バンク」に全てを託しました。

そして適合条件が非常に厳しいことで知られる骨髄ドナーですが

世界で唯一白血球型が適合したドナー、それが息子のインホウ君でした。

77fccf3e2bde1162a1b5accf568bdce6


実は、親子間ですら白血球型が一致する確率は

数万分の一と言われているので、このことだけでも十分に奇跡に値します。

インホウ君は、大好きな父親のために、すぐさま骨髄提供を申し出ました。

ところが・・・

まだ8歳で体重が35kgしかなかったため、骨髄提供ができませんでした。

なぜなら父親の体重は彼の倍以上あり

父親に提供できるだけの十分な骨髄液を確保することができないからです。

e7f06c6ff11bcc5f228d313aa1d791ec-7

諦めかけたライさん。

しかし、ここからインホウくんがさらなる奇跡を起こしました。


その日から食べる量と食事の回数を激増し

体重を増やすためにできる限りの努力を尽くしたのです。

cached-1-2

そしてその結果・・・

なんと、たったの1ヶ月で、1.3倍(10kg)以上も増やすことに成功!

念願だった父親のドナーになることが許されました。

インホウ君の努力の甲斐あって、骨髄移植は無事成功。

1be1d3a727fbabeb9dd6384c17bf4736

ライさんは現在も無菌室での生活が続いているそうですが、

その症状は明らかに快方へ向かっているとのことです。

8歳の息子の愛と信念が父親を救った奇跡の物語に、多くの人が涙しました。

またインホウ君には、中国全土から「最高の孝行息子」との賞賛の声が

今も絶えません。


トップへ戻る