【名言過ぎ!】グッとくる!愛する人との別れが迫った人へ贈る言葉が名言過ぎると話題に。

人生の岐路に立つと、様々な名言が胸に突き刺さります。愛している人が自分の元から去って行ってしまいそうな時、胸が張り裂けそうな気持ちになると思います。本当に愛している人への対処方法が名言過ぎると話題となっていますのでご紹介したいと思います。

愛しているものがあったら、自由にしてあげなさい。もし帰ってくればあなたのもの。帰ってこなければ、はじめからあなたのものではなかったのだ。

この名言は、フレンチレストラン最高峰『コート・ドール』のオーナーシェフである斉須政雄さんが書いた著書「調理場という戦場」の中に記されています。
自身の調理人としての半生を述べながら、体験を元に人生や仕事においての大切に感じたことを綴っているビジネス書となっています。

今流行の自己啓発本のビジネス書とは違い、きれい事だけではなく人はどうあるべきかという人生論から経営に結びつけて語られている様に感じました。
冒頭に挙げた名言は一見すると恋人や夫婦の別れを連想させますが、それだけではなく雇用関係でも通じる部分があります。

他にも、斉須政雄さんの名言がツイッター上で話題となっていますのでご紹介したいと思います。

【ひとり公論】[格言名言]人が見ているのは、人間性です。ほとんどの仕事で問われているのは、それがすべてではないでしょうか。斉須政雄

愛がもっとも気高くもっとも神聖な行為であるのは、愛がその中に愛でないものまでも包み込んでいるからだ。 By 斉須政雄  

どれも胸に突き刺さる名言ですね。


トップへ戻る