【悲報】まるで生きているよう!氷の中に閉じ込められてしまったキツネが発見される!

呼気さえ凍りついてしまいそうに寒い地域に住むのは、並大抵のことではない。ありとあらゆる物を凍らせてしまい、日常生活に支障をきたす場合も多い。今回そんな極寒の地域で、なんと、キツネが氷の中で発見されてしまった。生きたまま凍ってしまうなんてことが、あるのだろうか?

fucks2

このキツネが発見されたのは、ドイツのトゥットリンゲン。ある猟師が、氷の中で発見した。
なんてことだろうか、まるで生きたまま凍り付いてしまったかのような姿のキツネ。剥製のようである。
溶けたらそのまま動き出しそうなほど、生き生きしてみえるのが不思議である。

しかし、自らの身を守ることに長けている野生動物が、一体どうして凍るまで気づかないなんて自体に陥ってしまったのであろうか。

fucks3

専門家が推測するに、このキツネは氷が張っていたドナウ川に飛び込み氷を割ってしまい、そのままおぼれてしまったのであろう、ということだ。
そのまま意識を失い、凍ってしまったかわいそうなキツネ。

このような例は、極寒の地域では稀ではない。私はすでに鹿やいのししなんかも、何回か凍り付いた状態で発見したことがあるよ。

と語る猟師。

彼は今回、人間もこのようなことが起こらないように、と寒さの脅威を侮るべからずとの警告の意を込めて、凍ったキツネの写真を投稿したそうだ。


トップへ戻る