【ギャップ凄過ぎ】ウォンバットの敵の倒し方がエグ過ぎる・・・。

こちらのかわいらしいウォンバット。愛くるしい表情で我々を癒してくれる存在です。しかしその生態について、意外と知らないという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、ウォンバットについての生態を紹介します。中には「え?知りたくなかったな」と思うものもあるかもしれません。でもそこはほら、愛嬌で!

ウォンバットは実は速く走ることができる。・・・でも

ad_2167473511 

あまり走る姿を見ないウォンバット。しかしやはり野生の本能は凄いもの。実は時速40kmで走ることが可能です。しかし、超ショートランナーで一分間しか持ちません!ウルトラマンよりも短いその持久力!

ウォンバットの身の守り方が・・・まぬけ。

gettyimages-129621858 

危険を察知すると、住居である穴を自分のお尻で塞ぎます。塞ぐというか、ただ穴に頭を突っ込んでいるようにしか見えないのですが。まさに頭隠して尻隠さず状態です。「え?それじゃあお尻が無防備じゃないか?」とお思いでしょう。

お尻の皮膚がめちゃくちゃ固いので、噛まれても平気だそうです。

ウォンバットの敵を倒す方法が・・・エグイ。

gettyimages-588503787 

しつこく敵に攻撃されると最終手段にでます。なんと自らのお尻を使って相手を窒息死させるというのです!さらにお尻を使って頭を砕くこともあるそうですよ。

意外とパワータイプな一面もあるんですね。さすが野生の世界。弱肉強食が激しいです。以上ウォンバットの意外な生態をお送りしました。


トップへ戻る