『キン肉マン』のゆでたまご先生「最近のジャンプはSNSで他人の意見を聞きすぎている、整合性とか考えなくていい!」

『ジャンプ』人気支えた“ライバル心” 秋本治、ゆでたまご、高橋陽一が80年代の熱気を回顧 | OLIVER

キン肉マン ゆでたまご 整合性 SNS 意見 少年ジャンプに関連した画像-02

今月18日から開催される『週刊少年ジャンプ展』の第1弾『創刊50周年記念 週刊少年ジャンプ展VOL.1 創刊~1980年代、伝説のはじまり』の特別トークセッションが13日、都内で行われ、同年代を支えた大人気漫画の作者・秋本治氏(『こちら葛飾区亀有公園前派出所』)、ゆでたまごの嶋田隆司氏、中井義則氏(『キン肉マン』)、高橋陽一氏(『キャプテン翼』)の4人が登壇した。

<中略>

当時のジャンプ人気を支えた要因はほかにもあるといい、高橋氏が「みずみずしさがあった。ベテランだからといって、優遇されない空気もありましたね。あとは新しいものへチャレンジする雰囲気もあった」としみじみ。
秋本氏が「そのチャレンジ精神は変わらずに継承してほしい」と話すと、嶋田氏も「僕らは物語の整合性とかを考えてなかったけど、今は伏線がみっちりしている。SNSが発達しすぎて、人の意見を聞きすぎるところがあるので、もっとはみ出た作品が出てきてほしいですね」と次世代の活躍を願っていた。

以下、全文を読む

<この記事への反応>

物語の整合性は考えてなかったとゆでたまご嶋田氏

説得力パネェ

ゆでたまごが言うと説得力が違うな~w

ゆで「整合性とか考えてなかった」
ぼく「知ってた」

これがゆで理論である(違う)


さすが整合性のせの時も無い漫画描いてた人は言うことがちげーわ!!
キン肉マン ゆでたまご 整合性 SNS 意見 少年ジャンプに関連した画像-03

ヒロアカの堀越先生みてますか…
整合性とかいらないんですよ
やらない夫 カウンター 正面


トップへ戻る