【脳パニック!】背景色が何色かわからなくなる不思議なGIFアニメが話題に

錯視というものを何度か見てきましたが、そのたびに思うのが「我々は何を見ているのか」ということです。つまり、見ているものが全て「真実」とは限らないわけで、脳が処理した映像を頭のなかで何らかの形で映像化している。それを見ているに過ぎません。ということで今回の錯視もかなり不思議な映像です。

ー背景は何色ですか

illusion

↑再生されない場合は押してください!

ということで今回話題となっている錯視はこちら!「+」マークが定期的に回転している不思議な映像。しかし回転しているのは「+」なのでしょうか?それともその背景なのでしょうか?考えているだけで脳内がパニックになってきませんか?そうです、これ背景が動いているのか、それとも模様が動いているのか、全くわからない不思議な映像なのです。

32

ただし止めてみると、明らかに「+」が動いているのです。不思議ですよね。
この現象はルビンが発明しました絵「ルビンの壺」に似ている錯視で、2つの模様が互いにどちらかに見えてくるというものに似ております。

こちらの絵は1892年に発表された「ウサギ」と「アヒル」両方に見える絵です

rubin 

更に良く見かけるのがこちら
右回り左回り?です


トップへ戻る