「分かりやすいけど、コレいいの?」お寺が仏教の教えを現代風に意訳してみた

仏教の有難いお言葉。

生きて行く上で、とても為になることを教えてくれますが、一方では「ちょっと分かりにくい」という側面もあります。

そんなお言葉を、現代風に意訳し、多くの人に分かりやすく教えてくれるのが、広島県にある超覚寺。Twitterユーザーのかけなび(@kakenavi)さんは、お寺の前でこんなお言葉を目にします。

原文)衆生 仏を念ずれば、仏も衆生を 念じたまふ。

これは「私たちが阿弥陀様を心の中に強く思っていれば、阿弥陀様もまた私たちのことを思ってくださる」という意味だと言われています。

しかし、こういった言葉は、誰もが簡単に理解できるものではありません。多くの人にとっては「ちょっと分かりにくそう」と敬遠してしまう傾向にあるのではないでしょうか。

そんなお言葉を、超覚寺が分かりやすく意訳してくれました!

「フランクすぎるだろ!」というツッコミまで入った表現とは、どういったものなのでしょうか?

「これなら一発で理解できるわ!」の声多数

れでは超覚寺の意訳をご覧ください。

阿弥陀様 超高速で リツィート

ふ、フランクすぎ!!!

かなりくだけた表現になっていますが、Twitterユーザーにとっては一発で理解できます。

「阿弥陀様は私たちのことを見てくれていて、良い行い(ツイート)を、とても早く多くの人と共有してくれますよ」という感じでしょうか。

このツイートに、多くの人が「素晴らしい」という賛辞の言葉を寄せています。

  • 有難いお言葉が、より分かりやすく現代風に訳されている。素晴らしいお寺さんですね!
  • こういうのに「罰当たり」とか言う人もいるのかな。理解されてこその有難いお言葉だと思う
  • 浄土真宗かな。こういう懐の広さが魅力

一部には「阿弥陀様を軽んじている」といった意見もありましたが、多くの人は「こういう取り組みは素晴らしい」と絶賛しています。

確かに、有難いお言葉を多くの人が理解できていないとしたら、それはとても残念なことです。

こういったフランクな表現から「仏教に興味を持つ人が少しでも増えてくれれば」という思いからの取り組みなのではないでしょうか。


トップへ戻る