「菓子折り持ってお礼したいレベル」パパになった友人へのアドバイスが素晴らしい

赤ちゃんが生まれ、新たな家族が増える喜び…。その嬉しさは、言葉では言い表せないほど。

しかし、育児はとても大変です。食事を与えたり、オムツを変えたり、寝かしつけたり…数え上げたらきりがありません。自分の睡眠時間を削ってでも、世話をしなくてはならないのです。

ある日、男性の友人から「子どもが生まれた!」というメッセージが来たタビトラさん(@tabitora1013)。

「おめでとう!!とにかく嫁のサポートな!」

産婦人科医であるタビトラさんは出産や育児の大変さをよく知っているため、「嫁のサポート頑張れ!」と添えました。

すると、こんな返事が来たのだそうです。

「だよなぁ~」

ちょっぴり力の抜けた返事を見て、「あれ?なんだか育児の大変さをイマイチわかってない気が…」と感じたタビトラさん。

これから父親になる友人のため、そして友人の奥さんのために『アドバイス』を送ることにします。

多くのパパに参考にしてほしい『育児のアドバイス』

「育児って、予想しているよりすごく大変なんだよ。

家族のサポート要員が君しかいないから、家事で外注できるものは人に頼む!こだわりは捨てること。
とにかく『子どもを生かすこと』だけを当面の目標に。
週に1日でもいいから、嫁が完全にフリーで行動できる日を作ること。
嫁に言われる前に、なるべく自分から行動する。
食事も、自分で作れるものは作る。
ミルク併用にするなら、夜間は自分であげる。
知人と飲み会に行くのは極端に減らすこと」

そして、最後にこう綴りました。

嫁とのコミュニケーションを、とにかく密にとろう

なにより大切なのは、夫婦間のコミュニケーション。

「なにか困ってる?」「できること、ある?」など、言葉をかけてみてください。きっと、その一言は夫婦関係をより強い絆で結ぶことでしょう。

「よっしゃ、わかった!!」

タビトラさんのアドバイスを受け、友人は力強い返事を送ってきたそうです。

明確に『今後どうすればいいのか』を知り、父親としての自覚や責任を感じたのかもしれません。

素晴らしいアドバイスに賞賛の声

「参考にしていただけると幸いです」というメッセージと共にタビトラさんがこのアドバイスを投稿すると、多くの共感や称賛のコメントが寄せられました。

育児経験者の女性からは「子育てしてる頃に、こんなアドバイスほしかった!」という声も。

  • なんて素晴らしいアドバイスだ…!
  • 身近にこんな人がいたら菓子折り持って行くレベル。
  • せめて「やろう」という気持ちがあるだけで、妻としてすごく気持ちが楽になる!
  • 自分が出産した頃、このアドバイスを夫に見せたかった…。
  • 夫婦でお互いに支え合っていきたいよね。

出産を終え、心身ともに疲れ果てている妻…。そんな妻を傍で支えられるのは夫です。

育児は夫婦で行うもの。お互い支え合って、素敵な家族愛を育んでくださいね。


トップへ戻る