世界で最も可愛い動物・生物(ランキングベスト50)

今回は「可愛い動物のランキング」をご紹介します。このランキングは、ニューヨークに本拠を置き、月間数億PVを誇るwebサイト群を保有するパーチャスグループ編集部の協議によって決定されたものを参考にし、独自に編集を加えて作成したものです。

評価ポイントは、「可愛い」という観点のみです。そのため主観的な部分がかなり入っており、すべての人に受け入れられるランキングではありませんので、ご了承ください。

50位.カコミスル

(Los Padres ForestWatch)

北米に住むアライグマの仲間です。白と黒のしま模様の大きな尾が特徴で、全長は40cmほどとネコよりは小さいくらいです。夜行性で、昼間は岩の割れ目や木の穴に隠れて、夜になるとエサ探しの旅に出かけます。

49位.アフリカジャコウネコ

(Wikipedia)

全長は41~73cmほどで、口が尖っており、ぶち模様の毛皮と背中にあるトサカのような体毛が特徴的です。腹部にある腺からは、いい匂いのする香水成分がとれ、ジャコウネコが排出した糞の一部は高級なコーヒーとして利用されることもあります。

48位.ハンドウイルカ

(Dolphin Facts and Information)

イルカショーなどでよく登場する、あのイルカです。脳の体に対する大きさの割合で言えば、人間に次いで2番目に大きく、非常に頭の良い動物だと言えます。

最近の研究では、モノマネをしたり、仲間同士にだけ伝わる言語でコミュニケーションをとったり、道具も使えることが判明しています。野生のバンドウイルカは、暖かい海にならどこにでもいて、日本では九州より南の海で見られることが多いようです。

47位.アンテキヌスモドキ

(Anders Zimny)

オーストラリアでしか見られない非常に希少な有袋類で、ネズミに似ていますが、一番の違いは突き出た鼻です。しっぽはネズミのように太く、そこに余分な栄養をためておくことができます。

モドキという名前がついているのは、アンテキヌスというそっくりな動物がいて、最初はこの種もアンテキヌスに分類されていたのですが、後に他の種であると分かったためです。

46位.カクレクマノミ

(Background Wallpaper HD)

ディズニー映画「ファインディング・ニモ」の主人公として登場し、人気を集めた海水魚です。沖縄や東南アジア、オーストラリアの暖かい海で見られます。

イソギンチャクと共生しており、外敵が来た時にイソギンチャクに隠れて身を守ったり、住処として利用しています。イソギンチャクには刺胞に毒があるのですが、クマノミにはこの毒に対する耐性があります。そのため、ここに隠れてしまえば、他の魚は毒を恐れて襲ってくることはありません。

45位.デグー

(Pet Info Club)

ハムスターやチンチラと同じげっ歯類ですが、その2種よりは大きく、全長30cmほどになります。ペットとして世界的に人気の動物ですが、元々はチリに生息していた種です。

デグーは、かなり社交性の高い動物

(↓暖まるときも集団で)

(wikimedia)

グループを組んで巣穴を堀り、そこでグループ全員が一緒に過ごし、外に出る時もエサを探すときも一緒です。

44位.ピグミーマーモセット

(YouTube)

世界で2番目に小さいサルで、全長はしっぽを含んでも20cm足らずで、指に止まれるほどのサイズです。ほとんどの時間を樹上で過ごし、主に小さな昆虫や樹液を食べる生活を送っています。

43位.オリビ

(wikimedia)

アフリカに生息している小型のレイヨウです。レイヨウは、ウシとヤギのどちらにも近い種です。体長は50cmほど、首が結構長めで、オスだけに直立したツノが生えます。

42位.ダスキー・ルトン

(Wild Facts)

マレーシアとビルマ、タイに生息しているサルで、目の周りにピンク色の円模様が入っているのが一番の特徴です。また、一般的なサルよりも毛質が柔らかく、ふわっとしています。体長は50cmほどで、長いしっぽが生えていますが、そのしっぽでものをつかんだりすることはあまり得意ではありません。

(wikimedia)

41位.ヒゲペンギン

(Wild Republic)

目の後ろから伸びる黒い線が特徴的なペンギンで、ひも付きの黒い帽子をかぶっているように見えたことから、英語では”Chinstrap penguin”(アゴヒモペンギン)と呼ばれています。

南極周辺に住むペンギンの中では最も数が多い種で、その生息数は1500万匹になると推測されています。

40位.クリップスプリンガー

(wikipedia)

アフリカ南部、東部の岩場やサバンナで見られる小型のレイヨウで、体高40cmほど、体重は約10kgです。体毛は黄色みがかった灰色から赤みがかった茶色で、住処としている岩場では目立ちにくい毛色となっています。

クリップスプリンガーは歩き方が変わっていて、足の先端だけを着けて歩くことで知られています。これは地面と足の接触面積を増やすことで、素早く岩場を登ったり、ジャンプすることを可能にしています。

39位.カモノハシ

(Flickr: landlearnnsw)

カモのようなクチバシ、ビーバーのようなしっぽを持った水辺に住むほ乳類です。ほ乳類としてはかなり珍しく、タマゴを産みます。オーストラリアとタスマニア島のみに生息し、特にオーストラリアでは様々な国家的行事のマスコットとして使われており、それゆえ大切に保護されています。

カモノハシには毒がある

オスのカモノハシには、後ろ脚のケヅメに毒があります。これはエサとなる昆虫や貝などを殺すためにあるものではなく、自己防衛のためだけにあります。毒の強さは人を殺すほどではありませんが、犬くらいの小型動物なら死にいたらしめることがあるほどです。

38位.ビーバー

(imgur)

長くて頑丈な歯と平たい尾を特徴とする世界で2番目に大きなげっ歯類です。主に北アメリカとヨーロッパに生息しています。その頑丈な歯は木の皮をかじって食べるためにあります。

ビーバーにかかれば、50cmの枝を3分で食べ尽くしてしまいます。またその平たく長い尾は、水の中で推進力を得るためだけでなく、外敵が来た時に水面をバシンと叩いて、仲間に対する警告にも使われています。

37位.ベルーガ(シロイルカ)

(Flickr/Bob)

ベルーガは、真っ白な体色と大きく盛り上がった前頭部、そして背びれを持たないのが特徴です。北極の寒い海に数百匹におよぶ群れを作って生活しています。ベルーガは、とても社会性の高い動物で、クリック音やホイッスル音など様々な音色を出し、仲間同士でコミュニケーションをとることで知られています。

36位.トビネズミ

(Kuroebisama/instagram)

長い後ろ足が特徴のネズミで、その後ろ二本脚で砂漠の中をカンガルーのように飛び回っています。その跳躍力はかなりのもので、一度で3mジャンプし、最高時速は24㎞/hに達します。また一般的なネズミよりも耳が大きく、聴覚が優れています。この耳のおかげで、迫りくる捕食者を察知して逃げることが出来ます。

35位.ヤマネ

(bbc)

日本では山の守り神として、また国の天然記念物として大切に保護されている種です。大きさは6~9cmほどで、一般的なハムスターよりも小型です。夜行性で、夜になると樹上に這い出て、エサ探しを何時間にも渡って行います。冬までにたっぷりと食べて脂肪をためこみ、10月~4月くらいまで冬眠しています。

34位.ワラビー

(livescience)

カンガルーがより小さくなった種で、カンガルーと同じくオーストラリアに生息しています。ワラビーは全部で30種類近くいて、最も大きいものでは頭からしっぽまでの長さが1.8mほど、体重は約24kgになります。

33位.コビトマングース

(uniprot)

アフリカで最も小さな肉食獣で、全長は20cmほど、体重は300g前後です。乾燥した草原に生息しており、シロアリの塚を住処に20~30匹のグループを作って暮らしています。食べ物は主にシロアリや幼虫全般、バッタやヘビ、トカゲなどです。

32位.ウンピョウ

(CultureMap Houston)

雲のような模様が体表面にあることから、雲豹と名付けられました。中国と東南アジアの幅広い地域に分布していますが、その個体数は1万体以下とされており、絶滅が危惧されています。

ネコ科の中では、最も木登りが上手く、木に垂直に登って、後ろ足だけで逆さまになって枝にぶらさがることができるほどです。

31位.ウォンバット

(Cutest Paw)

筋肉質のすんぐりと丸みのある体とコアラのような顔が特徴の動物です。オーストラリアの草原に生息し、最大30mにもなる巣穴を掘って暮らしています。
ウォンバットは、見た目によらず筋肉がかなり発達しているため、最高時速40㎞で、90秒近く走り続けることができます。

30位.ミーアキャット

(Pixabay)

ミーアキャットのほとんどはアフリカ南部のカラハリ砂漠、ナミブ砂漠に生息しています。身長はたいてい30cmほどで、体重は0.5~2.5kg程度です。

どうしていつも立っているの?

それは外敵が来ていないか見張るためです。ミーアキャットは20~50匹の集団で、巣穴を作って生活しています。それぞれのミーアキャットには役割があり、エサを探す者、巣穴を見張る者などに振り分けられています。

見張り番になったミーアキャットは、二本の後ろ脚で立ち上がり、首をあちこち動かして捕食者の襲撃にそなえます。もし敵が見つかれば、大きな声で鳴いて仲間に知らせ、全員が巣穴に隠れられるようにします。

29位.テン

(wikipedia)

日本の函館より南で見られる種で、特に針葉樹林のある森の中に好んで生活しています。体長は30cm、しっぽの長さは20cmほどで体重は約1kgです。

地球環境に良い動物

テンは広範囲に種子散布をしてくれるため、地球環境に良い動物だと考えられています。テンは縄張りが広く、様々な果実を食べてフンと一緒に種子を排出するため、広い範囲に種子がばらまかれます。そのおかげで、テンの住む場所はより緑豊かな場所となるのです。実際にテンのフンの62%には、1つ以上の種子が含まれていることが研究で明らかになっています。

28位.フクロモモンガ

(YouTube)

ペットとして世界中で人気のモモンガです。お腹にフクロがあり、そこで子どもを育てることから”フクロ”という名前が付いています。オーストラリアやタスマニア島に住んでおり、樹木に開いたほら穴を住処にしています。

一般的なモモンガと同様に、コウモリのような脚部に付いた飛膜があり、それで空中を滑空し樹木間を移動することができます。

27位.キツネ(アカギツネ)

(hd-wall-papers)

日本では北海道で、アカギツネの亜種であるキタキツネがよく見られます。主にネズミや鳥、は虫類、昆虫などを食べ、時々はフルーツ系も食べることがあります。このような雑食性のため、アカギツネは農作物や家畜を食い荒らすことがよくあり、一般的には世界中で害獣としてみなされています。

26位.ロバ

(Buzzly)

およそ5000年前以上から、人間が家畜として飼育していたウマの仲間です。世界では4000万頭以上が飼われていますが、その分布のほとんどは発展途上国にかたよっています。日本で飼育されているロバは、数百頭しかいません。

ウマに比べて言うことは聞かず、頭も良くないのですが、エサがなくても簡単には死なず、病気にも強いため、途上国では物を運んだりするのによく使われています。

25位.モルモット

(Wikimedia)

モルモットはネズミと同じげっ歯類ですが、体に対して耳は小さく、しっぽがありません。滑らかな毛と丸みを帯びた体が愛らしく、ペットとしての人気が高い種です。モルモットといえば、動物実験のイメージを思い浮かべますが、現在ではほとんど用いられておらず、より小型のネズミに代わっています。

24位.ミニチュアホース

(Bored Panda)

普通のウマよりも半分以下のサイズで、体高が100cm以下の種です。小さなウマ同士を人工的にかけ合わせて生まれた種で、特にヨーロッパとアメリカでペットとして人気があります。

ミニチュアホースは、馬の性質を持ち合わせながらも、穏やかで人馴れするため、イヌやネコのように飼うことができるとされています。また訓練すれば、介助犬と同様に人の手助けをしてくれるようになる賢さを持ち合わせています。

23位.アルパカ

(Cutest Paw)

もふもふな毛と愛嬌のある顔で、多くの人を惹きつけているのがアルパカです。牧場や動物園で飼われているので、よく見かけることも多いと思います。元々は南米の海抜3500~5000mの高原地帯で生まれ、人間が毛を利用するために品種改良されたのが本種です。

アルパカの毛は1年に1回、春ごろに刈り取られます。1頭あたり約4kg採れ、その毛は羊毛のように柔らかで暖かく、アレルギーを起こしにくいという特徴を持っています。主にマフラーや毛布、セーター、靴下などになって、私達の元に届いています。

22位.プレーリードッグ

(Wikimedia)

北アメリカだけに生息しているげっ歯類です。ドッグと名前がありますが、犬ではありません。プレーリードッグ(草原のイヌ)という名前は、犬のように「キャンキャン」という鳴き声をあげることから名付けられました。

ミーアキャットと同じように、集団で巣穴を作って暮らしています。また、2本足で立った見張り役が敵の来襲を監視する習性もミーアキャット同様です。

21位.グンディ

(zooborns)

アフリカの岩石砂漠にのみ生息しているげっ歯類で、そのまん丸とした体つき、ふわっとした毛並みで多くの人を魅了している種です。体長は17~18cm、小さな体に柔らかな毛、短い脚、大きな目が特徴です。食性は草食で、水分は植物から得るため、直接水を飲むことはありません。

20位.ミニブタ

(Death and Taxes)

家畜として飼われていた小型のブタ同士をかけ合わせて生まれたのが、ミニブタです。体重は大人でも20kg前後にしかならない種もいますが、品種によっては60kg近くになるのもいます。

最初は実験用として用いられていたのですが、現在ではその可愛さや飼育のしやすさから、ペットとしての人気が高まっています。

19位.チンチラ

(Reddit)

野生では南米・チリの自然保護区にいるのみで、生息数が少なく絶滅危惧種に指定されているげっ歯類です。大きさは最大で全長26cm、丸い耳とふさふさした毛でおおわれた長いしっぽ、柔らかな白と灰色の毛並み、丸みをおびた体が特徴です。ペットとしての人気があり、日本のペットショップでも見かけることがあります。

18位.スナネコ

(wikipedia)

砂漠内に唯一生息するのネコ科の動物です。体長は30cmほど、体重が2kgほどで、一般的なイエネコより小さいです。

サハラ砂漠がある北アフリカやアラビア砂漠の中東地域に分布しており、砂漠の極めて暑く、寒暖差の激しい環境に適応しています。日中はとても暑いので岩陰にひそみ、夜になると砂漠に住むネズミ、昆虫、トカゲなどを求めて動き出します。

スナネコはイエネコとは異なり、高くジャンプしたり高い場所に登ったりすることは得意ではありません。ただし、穴を掘る能力は優れていて、暑さから逃れるための巣穴をすぐに作ることが出来ます。

17位.コアラ

(newsknowledge)

オーストラリアでユーカリの木につかまって、1日に18時間も寝てしまう有袋類です。これほど寝ているのは、栄養が少ないユーカリの葉だけしか食べられず、動いてしまうとエネルギーを無駄に消費してしまうからです。

16位.ヨツユビハリネズミ

(Pixabay)

ペットとしてよく世界中で飼われているハリネズミで、野生では中央・西アフリカにのみ生息しています。ヨツユビの名前は、後ろ足にそれぞれ4つの指があるためです。ちなみに前足には5つの指があります。

15位.フェレット

(paradoxoff)

ヨーロッパでは2500年以上前から飼育されている種で、現在では世界中で人気のペットとなっています。かつてはウサギの狩猟を行う際に、フェレットが巣穴からウサギを追い出し、猟師がそれを捕獲するという手法がとられていましたが、現在では廃れ、ペットとして飼われているのがほとんどです。

全長はしっぽを含めて50cmほど、毛色は白と黒が混じったものが主流ですが、真っ白な毛色のアルビノ種もいます。

14位.クアッカワラビー

(metro)

クアッカワラビーは、カンガルーと同じ仲間で、お腹に赤ちゃんを育てるためのフクロを持っています。大きさは、ネコと同じくらいで、夜行性の草食動物です。

オーストラリア西部のロットネスト島が主な生息地で、約1万匹がここに生息していますが、個体数が減少しているため、保護の対象になっています。

世界一幸せな動物とも言われるクアッカ

(wikipedia)

ロットネスト島で暮らすクアッカには外敵が全くいないことや、クアッカの顔が常に笑っているように見えることから、「世界で最も幸せな動物」と言われています。

また全く人を恐れることを知らず、逆に自ら近寄ってくることがあるほどの親密さがあるので、クアッカとの自撮りはかなりの人気があります。

※クアッカの自撮り写真は、インスタグラムの#quokkaselfieのタグで投稿されているので、見てみるととても癒やされます。
#quokkaselfieを見る

13位.コツメカワウソ

(wikipedia)

カワウソの中では一番小さな種で、しっぽを含めると全長70~100cmほどになります。他のカワウソとの違いは、その大きさだけではなく、ほとんど爪が伸びないところです。

コツメカワウソは、南アジアと東南アジアの沼や湿地に生息していますが、環境汚染や生息地の破壊により絶滅の危険性が高い危急種に指定されています。

12位.カピバラ

(ZooBorns)

動物界きっての癒やし手として知られるカピバラは、世界最大のげっ歯類でもあります。体長は100~130cmほど、体重は35~66kgと結構な重さです。ちなみに90kg超えの野生の個体も見つかっています。

主に南米の水辺に近い場所で、家族単位で生活しており、草や水生植物を食べて過ごしています。性格は見た目通り、とても穏やかで人間になつくこともあるほどです。

11位.シマリス

(FotoJoin)

日本では北海道でシマリスの亜種、エゾシマリスが見られます。田舎で自然が多い場所では、木に登っていたりする姿をときどき見かけることができます。その他の野生のシマリス種は、ほとんどが北米にいます。

10位.タテゴトアザラシ

(Playbuzz)

タテゴトアザラシは、子供のときの可愛さが飛び抜けています。真っ白なふわふわな体毛に覆われ、大きな目と愛らしい鳴き声、見ただけで幸せになれる愛らしさです。この白い毛でいる状態は2~3週間だけで、その後は灰色の体毛に生えかわります。

9位.シマエナガ

(Flickr)

主に北海道とヨーロッパで見られ、丸っこく綿のように柔らかな毛、小さなクチバシと目が可愛らしい鳥です。

8位.レッサーパンダ

(Wikipedia)

野生では、ヒマラヤ山脈東部と中国南西部にのみ生息する動物で、大きさはネコより若干大きいくらいです。木の上で過ごすことが大半で、食べ物はパンダと同じく竹がメインです。野生では個体数が1万匹以下とされ、絶滅危惧種に指定されています。

動物園でみかけることが多いと思いますが、それは世界の飼育数の1/4が日本にいるからです。その数は約200匹になり、都道府県内の大きな動物園ならだいたい見つけることが出来ます。

7位.ケープハイラックス

(Animals (San Diego Zoo)

短い耳としっぽを持つモルモットに似た動物で、見た目によらずゾウやマナティーに近縁の種だと考えられています。生息地は主にアフリカや中東地域で、10~80匹のグループを作り岩場に隠れて暮らしています。

(↓足の肉球もチョコレート色で可愛い)

(wikipedia)

6位.ウサギ(ネザーランド・ドワーフ)

(↓写真は、ネザーランド・ドワーフ)

(KickVick)

ネザーランドドワーフは、オランダ生まれのウサギの品種で、成体になっても子ウサギのような姿をしていることから、ペットとしてかなりの人気があります。ウサギの中では最も小さい種で、重さはたった500g~1130gしかありません。丸顔に丸い体、ウサギにしては小さな耳をしていて、毛並みは柔らかな撫で心地です。

5位.イヌ

【↓世界で最も可愛い犬と言われるブー(右側)】

(entertainmentaroundtheworld)

犬の中でも「世界で最も可愛い犬」と言われているのが、写真右側にうつるポメラニアンのブーです。左側は弟分のバディーで、こちらもポメラニアンです。これまでに写真集が4冊、世界10ヶ国で販売されており、Facebookのブーのベージでは、1750万いいねを獲得するほどの人気ぶりです。

ブー(Boo)のフェイスブックベージを見てみる

4位.フェネック

(PL)

暖かそうな毛並みをしていますが、極めて暑いサハラ砂漠に住んでいます。日中の暑さや夜の寒さをしのぐために、数mにおよぶ穴を掘り、そこで生活をしています。また、フェネックの一番の特徴である大きな耳は、体にたまった熱を逃す体温調節の役割を果たしています。

3位.ジャイアントパンダ

(Taginstant)

動物園のアイドルことパンダです。まるまるとした顔と白黒の体毛が可愛らしく、穏やかな性格で癒やし要素もあります。野生では中国にしかおらず、日本で見られるのは東京、神戸、和歌山の動物園だけです。

2位.ネコ

(Paul Reynolds/flickr)

ネコが可愛いことは科学的に研究されていて、その可愛さは人間の赤ちゃんをイメージさせるからだとされています。ネコは大きな目に小さな鼻、大きなおでこ、体に対して大きい頭、そして赤ちゃんのように世話が必要なところなど可愛いと思える要素がたくさんあるのです。

1位.ラッコ

ラッコが世界一可愛い理由は7つあります。

ラッコの可愛い所①:はぐれないように手をつないで眠るところ

(youtube)

可愛い所②:世界最小の海に住むほ乳類なところ

(imgur)

体長が1.2~1.5m、体重は22~45kgで海の中に住むほ乳類では最も小さいとされています。

可愛い所③:表情豊かなところ

(funny)

可愛い所④:ふわふわしてるところ

(imgur)

可愛い所⑤:海で寝るときは、波に流されないよう昆布を巻いて眠るところ

(Doom64)

可愛い所⑥:お腹に赤ちゃんをのせて泳ぐところ

(Daily Mail)

可愛い所⑦:手が冷たくなると、目の上に手をのせて暖めるところ

(huhuhugatta)


トップへ戻る