危機一髪!試合中に選手たちがダッシュで逃走 その理由に真っ青…

チェコ共和国の田舎町、チェスカー・トジェボヴァーで「危機一髪!」な衝撃の映像が撮影されました。

活気ある試合会場が一転…

フロアボールの試合が開催された2017年1月14日、会場には選手や観客を含めた約80人もの人々が集まっていました。

試合風景を撮影していたカメラには、ボールを追う選手たちの姿が映し出されています。

しかし、映像が始まって15秒後。急に、選手たちが全速力で出口に向かって走り出していきました!

一体何があったのかというと…?

防球ネットが上から落ちてきたかと思うと、屋根の鉄骨がゆっくりと曲がり始めたではありませんか。屋根はその後も崩れていき、ついには照明も壊れ、真っ暗になってしまいました…。

チェコのニュースサイト『Denik.cz』によると、幸いなことに今回の事故で重傷を負った人はいなかったそうです。

しかし、屋根崩落の原因が不明なことや、2017年の1月上旬にオープンしたばかりの新しい施設だったこともあり、多くの市民からは批判の声が寄せられています。

もしも屋根がもっと勢いよく壊れていたらと思うとゾッとする今回の一件。まさに「危機一髪!」な出来事に、見ていて背筋がヒヤッとしました…。


トップへ戻る