食べ物ですよ!? 「あずきバー」の硬度を精密に測定したら瞬間的にサファイアを上回る硬度に

その硬さがきっかけで、刀匠の町である岐阜県関市とのコラボまで果たした、井村屋のあずきバー、

その縁からか、関市のナイフメーカー「ジー・サカイ」が、井村屋の許可の下、デジタル硬度計であずきバーの硬さを測定。その結果、世界で2番目に硬い宝石であるサファイアの硬度を、瞬間的に上回りました。なにそれこわい、ロビンマスクの鎧より硬い。アイスなのに。

「使用したあずきバーは実験後洗っておいしくいただきました」とのこと

実験に用いられたのは、工業材料の硬さを表す尺度「ロックウェル硬さ(この実験で用いた単位はHRC)」を測定できる硬度計。普段はナイフのブレード材の硬度測定に用いていますが、今回は6本入りボックスタイプのあずきバーを測定しました。アイスなので温度変化の影響を受けるからか、終始測定値が定まらず、残念ながら結果は「測定不能」に。

実験1硬度計に設置されるあずきバー

実験2硬度を示す数値がぐいぐい上がっていき、HRC300をオーバー

実験3しかし数値が定まらぬまま、測定は終了

しかし計測中、一瞬ではありますがHRC300オーバーを記録。これはサファイアのHRC227を大きく上回る数値です。あずきバーがときおり「食べる凶器」とたとえられるのも、納得ですね。

この結果にはジー・サカイも困惑し、「HRC10……30……100……200……!? 馬鹿な!? まだ上がるだと!?」「ほう、硬度を変化できるタイプですか……。サファイアさんの硬度を超えていますね。どうかな、僕の下で働いてみる気はないか?」など、バトル漫画的な妄想をブログに放出。そして「あずきバーはナイフや包丁の硬度を測るロックウェル硬度計では計り知れない潜在硬度をもったアイス」と結論づけています。なんとなくスカウターが爆発する様を連想させられました。

妄想実験結果から、実験者による妄想ストーリーが誕生(ジー・サカイのブログより)

この発表を受けて、井村屋の公式Twitterも「どうやらわしはとんでもないものをこさえてしまったらしい……」と、自社製品のポテンシャルに戦慄しています。

「どうやらわしはとんでもないものをこさえてしまったらしい…」

科学的に判断(数値化)するとこういう事なのか… https://twitter.com/G_SAKAI/status/713273577005449216 


トップへ戻る