静かなオーケストラ会場で、観客が声を出して笑っちゃった! その理由に納得

ロシアの音楽家チャイコフスキーが作曲した『くるみ割り人形』。バレエ組曲として今なお愛されている、チャイコフスキーの代表曲のひとつです。

そんな歴史的名曲と、現代的な『ヒップホップ』を組み合わせた演出に多くの人が夢中になりました。

3人の『くるみ割り人形』

とあるオーケストラの会場。一般的なオーケストラと違うのは、壇上に立つ3人の男性の存在です。

何が起こるか知らない観客たちは、それでも静かに演奏開始を待っています。

そして演奏開始数秒後、会場を笑いに包む出来事が…!

『くるみ割り人形』の中の1曲、『金平糖の踊り』に合わせて、なんと3人の男性たちが踊り始めたではありませんか。

しかも、彼らが踊っているのは現代的な『ヒップホップダンス』。一見合いそうにない組み合わせにもかかわらず、曲の雰囲気といい、振り付けといい、意外にもぴったりです!

それに『くるみ割り人形』を彷彿とさせる、ダンサーたちのユニークな動きに、観客たちも声をあげて笑っていて、とっても楽しそう。

動画を見た人からも…

  • この演出、今まで見たなかで最高よ!
  • いいなぁ、ぜひ生で見てみたかったよ!
  • クラシックコンサートの新しい楽しみ方だね。

と大好評。

オーケストラと聞くと、堅苦しく、敷居が高いイメージを抱きがちですが、こんなに楽しいオーケストラもあるんですね。

新旧の文化が融合した粋な演出に、その場にいた観客も大満足だったのではないでしょうか!


トップへ戻る