【お茶目か】財布を盗もうとした泥棒が隠しカメラに気づいた結果→彼が取った行動が話題に!

落とした財布も持ち主の元に戻ってくることが多いと、海外の人から絶賛される日本。それほど海外ではスリが多いのだ。ここにもまた、スリを企んだ若い男が一人。しかし、なぜか、謝っている?しかもカメラに向かって?どういうこと?この男が謝るまでに至る一部始終を捉えた隠しカメラの映像が、今ネットで話題を呼んでいる。

ATMでお金をおろそうと集中しているある男性。そこに後ろからひっそりと忍び寄ってくる若い男。

あっ

すっとポケットに手を伸ばし、あっさり財布を盗む男。

誰にも目撃されていないかきょろきょろ。

すると……

あっ。

隠しカメラに気づいた男。目が合います。

どうする?どうしよう?

次の瞬間……

財布を地面に置いたー!

そして、財布、落ちてますよと教えてあげる親切者を装う男。

ATMでお金をおろしていた男性は、まさか盗まれようとしていたとはつゆ知らず、

感謝の握手まで!どことなく目が泳いでいる犯人の男。

最後に、防犯カメラに向かって、財布、返したからね?ね?ごめんね?見逃して?というジェスチャーをする男。

このビデオがあまりにも面白すぎるとネットで大変話題に。
しかし、こんなに都合の良い角度で防犯カメラが設置されていることも、犯人がこんな行動に出ることも考えられにくい。

それもそのはず、このビデオ、Halid ArsajevというYoutuberが冗談で作ったものなのだ。それで合点がいく。
そうだと分かっていても、あまりの面白さにネットで18万回もシェアされたほど、おおいにネットを沸きたてたようだ。
これが本当に行われたものだとしても、そしていくらお茶目にふるまったとしても、盗みはいけない。みなさんも泥棒には気を付けて。

話題のビデオはこちらから。

Youtube:https://youtu.be/ngdaaquBsw0


トップへ戻る