【悪気はなかった】いたずらが過ぎた犬10選

ふと目を離したスキに……やられた!

犬を飼っている人なら一度は体験したことがあるかもしれない「ペットのいたずら」。壁紙をはがされたり、ソファーをめちゃくちゃにされたり、盗み食いされたり…。そんないたずらも、ちょっぴりなら可愛いが、度を越すとまったく可愛くない…。今回は、そんな「いたずらが過ぎた犬10選」を紹介する。

いたずらが過ぎた犬10選

1.「悪気はなかった」

4df2252496711a3bacb5c282097d2642

2.「座り心地良くしといたよ」

45d20e5c08ebe4c5658b0c9d185a251e

3.「これが現代アートさ」

207cb99ec982c15e3d235297e5d7db76

4.「ちょっと食べ物がほしかっただけ…」

13450daf08f4de4ceeede697583c70d8

5.そしてこの笑顔である

0e12953c0938537f32422f6e1e3d8f7f

6.2匹の協力プレー

101295344beef2f2abb5f7b56a2871a6

7.「どうしてこうなったか、自分でもよくわからない」

e6538771c2459c2d62d51d9ad1753b5c

8.これは写真立てかな?

pets-destroying-stuff-things-house-cats-dogs13

9.「……。」

pets-destroying-stuff-things-house-cats-dogs20

10.「許して?」

pets-destroying-stuff-things-house-cats-dogs4

こんなにかわいい顔をされたら、許すしかないじゃない…。


トップへ戻る