将棋界の伝説と呼ばれる「個性が強すぎる棋士」を紹介させてくれ!

みなさん、将棋をやったことはありますか? 最近ではマンガ『3月のライオン』の題材になりましたよね。でも、実際「将棋」って私にはよく分かんない…と思っている方、多いのでは? そんなあなたも、実際に将棋を打っている人を知ればきっと将棋ファンになってしまうでしょう…。そう断言できるほど、将棋会には個性豊かなで愛らしいキャラクターをもっている人でいっぱいなのです!

高橋道雄 九段

takahasi-m

タイトルを5期獲得した将棋会の重鎮にして、齢50を越えて順位戦A級に残留している実力派棋士。

公式ブログ『みっち・ザ・わーるど 棋士高橋道雄のはっぴーだいありー』では主にアニメのことについて話しています。

高橋道雄2

将棋の解説なのにアニメの解説をすることが多く、「『けいおん!』に出会って人生が変わった」と発言をするくらい大好きです。ちなみにむぎちゃん推し。

加藤一二三 九段

加藤一二三

現役最高齢。通算対局数、通算敗戦数は歴代1位。棋界最古参棋士であり、戦前生まれの名人経験者最後の存命者です。「1分将棋の神様」「神武以来の天才」の異名を持っています。

加藤一二三2

ネクタイが異様に長いのが彼のポイントで、なんだか茶目っ気があるように感じて、親近感が湧いてきます。

加藤一二三3

また対局中に板チョコをパリパリ食べるところもまた可愛らしい…。秒読みに入って「あと何分?」と聞きまくって記録係にキレられたことがあったり、室温にこだわりすぎて、三浦七段と“冷房スイッチ、オン・オフ合戦”を繰り広げたりもしました。

米長邦雄 永世棋聖(2012年12月死去 満69歳没)

TKY201212180083

日本将棋連盟、元会長。タイトル獲得数19期、歴代5位。女流棋戦やネット棋戦の新設、アマチュアのプロ棋士参入条件の整備、日本将棋連盟の公益社団法人化など、数多くの功績を残しました。

スクリーンショット 2014-03-05 13.07.35

サービス精神の豊富な方で、将棋連盟の公式サイトでピースしたり、鳥取砂丘でヌード写真の撮影を行ったこともあります。

スクリーンショット 2014-03-05 13.13.40

また自由すぎるTwitteのフォロワーは3.8万人いました。

橋本崇載 八段

ed189a70

2004年度のNHK杯テレビ将棋トーナメントに出場した際、金髪のパンチパーマという髪型に紫色のワイシャツを着用しており、その奇抜な出で立ちが話題になりました。

その時のお写真がこちらです。

d153657e050c48e336459cd97f49278d

橋本さんが奇抜な髪型等をするようになったきっかけは、デパートでの将棋大会を見た女子高生が「眼鏡をかけたおたく風出場者が多い」と述べたことに対して「マジやべぇ」と危機感を抱いたからだとのこと。

口癖は「マジやべぇ」(劣勢の時によく言う)。人柄は見た目とは異なり、温和で礼儀正しく謙虚な方だそうです。

橋本さんと佐藤紳哉さんと解説に入ったときの動画がこちら

橋本さん:「桂(かつら)を取りたかったわけなんですね」

佐藤さん:「えっ…カツラ? これ桂(ケイ)って呼びます」

橋本さん:「桂(かつら)がね…」

佐藤さん:「桂(ケイ)ですケイ」

漫才コンビのような、何だか意味深なやりとりをする2人。

その後

佐藤棋士2

「佐藤さん、昨日とはちょっと雰囲気を変えて今日ご登場ですが…」と言われると「大事な対局を自然体で臨む(羽生さん・森内さんの)両者を見て、ぼくも自然体で臨もうかと思いましてと」と答えると会場は笑いに包まれました。


トップへ戻る