野球、イチロー語録でメンタル強化!ビジネスに活かせる発言まとめ

未熟者ゆえ、仕事ではつい落ち込みがちですが、イチロー語録を思い出してなんとかこの茫洋たるWeb業界で生き残っております。
ではいってみましょう!

万年五月病

ぼくも、グラウンドに行きたくない日はたくさんあるのです。
そのときには職業意識が出てきます。
「仕事だからしょうがない」と、自分に言い聞かせるときもあるのです。

イチローさんでさえ、こういう日がある!

マイペースは大事

大事なのは自分以外のことで、自分のペースを乱されないこと

時には、きれいさっぱり割り切る。

プレッシャー

やっている最中にプレッシャーからときはなたれることは不可能です。
そこから抜け出す方法はない。苦しみを背負ってプレイするしかありません。

緊張は必要なもの。キンチョーは日本の夏。苦しみを背負う潔さ。

なにやってんだろう…と思った時

小さいことを重ねることがとんでもないところに行くただ一つの道だ。

「とんでもないところ」への道だと思い込む。

心が折れそうな時

結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。

「できなかった」という結果が重要な手がかりになることも。

それでも悩んだ時

準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく。

甘えを潰す単純作業に悩みを変えてしまう魔法の言葉。

スランプ…

ぼくの中のスランプの定義というのは、感覚をつかんでいないことです。

感覚を掴むには…スランプでも「やってみる」精神。

ミスった時

ぼくは、一試合、一試合、ふりかえっています。まとめてふりかえることはしません。

ミスを長引かせないコツがここにあるみたい。

うまく行ったときほど…

「ああ、これは、悪魔のささやきなんだなあ」
チヤホヤされると、いつも、自分をいましめています。

成功を成功たらしめる謙虚さここにあり。

平凡ってファンタスティック

びっくりするような好プレーが、勝ちに結びつくことは少ないです。確実にこなさないといけないプレーを、確実にこなせるチームは強いと思います。

華々しい結果でなくても、落ち込むことはありません。(`・ω・´)キリッ

メンタルの重要性

気持ちが落ちてしまうと、それを肉体でカバーできませんが、その逆はいくらでもあります。

病は気から…メンタルヘルスの維持が良い仕事に繋がります。

だからこそ…

「ありがとう、きみのおかげだ」という王監督のひとことで、
すべてが報われました。

あなたの「ありがとう」で「すべてが報われる」人がいるかもしれません。

イチローさん、ありがとう。
あなたのお陰で今日も何とかやっています。


トップへ戻る